早期再生せず手遅れ気味の時は?

2018.08.20
稲葉琢也

ビズサポートの稲葉のブログ911


今日は午前中は事業再生を

果たしたクライアントが

久しぶりに現状の報告に

来社されました

 

 

 

第2会社方式で以前の会社を

グッド事業とバッド事業に分けて

 

 

グッド事業が返済可能な借入を

引き継いで支払いします

 

 

他の借入はバッド事業に

残して特別清算します


会社はすでに
中小企業再生支援協議会で
再生計画を立て金融機関が
全て同意しています
 
 
 
そして新会社は順調に
営業しています
 


他方で旧会社は
特別清算に向けて手続きが
進んでいます
 
 
 
 
 
これにより旧会社の
過剰な借入金は
消滅します
 
 
 
 
 
あとは個人の保証に
伴う債務の整理ですが
 
 
 
 
 
経営者保証のガイドラインで
金融機関が認めた自宅と
生活に必要な現金を残して
 
 
 
 
 
それ以外の不動産などの
資産は処分して返済に当てます
 
 
 
 
 
従って処分予定の資産売却を
進めています
 
 
 
 
 
 
早期の事業再生に取り組まず
手遅れ気味でも本業が収益力が有れば
 
 
 
 
 
こんな事業再生の方法も
ありますので簡単に諦めず
中小企業再生支援協議会など
 
 
第三者機関に相談するのも
一つの再生手法です
 
 
 
 
自力で再生が困難だと
思ったら早く専門家に
相談しましょう
 
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
 
 
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
 
 
 
今年6月9日より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座
第1期を始めました
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座もあります
 
 
全6回少数精鋭で学べます
現在9月開講の第3期生を募集中です
 
 
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com