借入をする時に答える必要のある問は

2018.09.03
稲葉琢也
資金繰りや銀行取引が
不安な方の味方
稲葉のブログ930


今日は資金繰り相談の
お客様の金融機関の
対応してました
 
 
 
 
10日の支払い資金を
借入する必要があり
日本政策金融公庫と
 
 
 
 
地元の信用組合に借入を
申し込んでいます
 
 
 
 
なぜ今まで資金繰りが
上手くいかなかったのか?
 
 
借入のお手伝いをして
わかったのは
 
 
1.自社のビジネスモデルを
分かりやすく説明出来てない
従って銀行はよく分からない
 
 
2.なぜ資金が必要になったか
理由が説明できていない
 
 
 
給料支払い資金が
不足しているが
 
 
 
 
なぜ資金が不足する
ようになったのか
事業計画がなくて
 
 
 
 
何が良くて何が良くなかったか
わかっていない
 
 
 
 
3.借入したお金をどうやって
返済をするのか説明できない
 
 
 
「どうやって返済しますか?」
 
 
 
「毎月10万円支払います」
 
 
 
 
 
「その返済資金はどこから
   捻出するのですか?」
「毎月のお金の入りと
       出(収支)は?」
 
 
 
この問に答えられないのです
毎月の試算表もしっかり
出来ていないので分からないのです
 
 
 
 
こんなクライアントに
経営改善支援センター事業を
活用して、計画をつくり
 
 
金融支援を取り付けます


 
 
 
具体的に新たな
長期の借入による
運転資金の調達と
 
 
今まで場当たり的に
借入して増えた明細を
一本化して返済期間を
長期に変えます
 
 
これで何とか資金繰りは
落ち着きますので、つぎは
事業面の改善をします
 
 
こんな風にお金の不安が
ある方は、試算表をつくり
 
 
 
金融機関の1から3までの
問に答えられるように
しましょう
 
 
自力でつくることが
出来ればベストですが
 
 
自力では難しい場合は
 
にご相談ください
 
 
 
専門家を活用すると
費用はかかりますが
スピーディに解決できます
 
 
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月9日より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座
第1期を始めました
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座もあります
 
全6回でほぼマンツーマンで学べます
 
 
 
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com