困った社員への対応方法は?

2018.09.09
稲葉琢也
資金繰りや銀行取引が
不安な方の味方
稲葉のブログ936


顧問先の社長さんから
従業員のことでご相談
 
 
 
以前より問題行動がある
従業員に対しての適切な指導
 
 
 
 
あるいは辞職勧告まで含めた
注意すべき点を教えて欲しい
との依頼を受けました
 
 
 
 
私のパートナーの
セントラル社会保険労務士法人
代表 大平 一路さんに相談
 
 
 
 
まず
 
 
 
 
会社としてその社員を
出来れば辞めさせたいのか?
 
 
 
 
それとも、改善したうえで
雇い続けたいのかで
若干対応がことなる
 
 
 
続けていただきたい場合は
何故その行動を起こすのか
その理由を話してもらう場を作る
 
 
 
 
そこで安心安全ポジティブAAPな
場が作れれば、
良い方向に進む可能性がある
 
 
 
 
 
 
聞いたうえで会社として
対応できることがあれば対応し
 
 
 
 
 
 
その上で
会社としてその社員に何を
期待しているのか
 
 
 
どんな役割を担って
欲しいのか
 
 
 
ビジョンを示しながら
話すことができるように話す
 
 
 
事前に準備をしその場に臨む
といった方法が挙げられます。
 
 
 
注意点としては、
相手の不満を否定することなく
全て受け止める点
しっかり共感する点です
 
 
 
(あなたはそう思うのですね。
と認める)
 
 
 
 
また、共感はしますが同意しないよう
注意が必要です。
 
 
 
 
一方で
 
 
 
 
 
退職を迫る場合は
その行動を禁止した
就業規則を作成したうえで
問題行動を起こさないよう注意し
再発した場合は報告書の作成を指示し
 
 
 
 
改善案を記載させることを繰り返し
退職勧奨を行うといった
対応をとります
 
 
 
退職勧奨の注意点は
録音されているいことを想定し
 
 
 
人格を否定したり声を
荒げたりすることなく
事実を述べること
 
 
 
その社員の実力を活かすには
他社の方が良いと
心から考えているという態度で
臨むことが必要です
 
 
 
 
情報が少なく、詳細(特にその人物)が
分からないため
 
 
まず一般的な知識を説明
しました
 
 
 
 
そして翌日詳しく
相手の人物や問題の背景などを
ヒアリングして打ち合わせします
 
 
 
 
こんな風に社長のお困りごとの
相談相手に専門家がいると
安心です
 
 
 
 
お困り場合は専門家に
ご相談ください
 
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月9日より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座
第1期を始めました
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生コンサルタント養成講座もあります
 
全6回で、3名以内の少数密着型で学べます
 
 
 
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com