今後銀行の融資の対応はどうなるのか?

2018.09.17
稲葉琢也
資金繰りや銀行取引が
不安な方の味方
稲葉のブログ944

今日はこの本を急遽
買って読みました
 
 
 
キャッシュフローコーチ仲間の
税理士、近藤 学さん
Facebookにあげていたので
 
 
「金融検査マニュアル廃止
ということで、銀行員さんむけの
雑誌を買ってみた、
漫画の記事も多くて読みやすい。」
 
 
 
 
「長期のキャッシュフロー予測が
重要になるので、
こがねむしクラブのかねぐる
あると重宝すると思います。」
 
 
 
 
 
なので
早速買って読みました
経営改善計画をつくる仕事を
多く取り扱っていると
 
 
 
 
金融機関との調整する機会が
頻繁におこります
 
 
 
 
そこで金融庁の監督の方針や
それを受けた金融機関の対応状況を
よく知っておく必要があります
 
 
 
 
ご存知のように
バブル崩壊以後の不良債権の
解消をはかるために
 
 
 
 
金融庁は金融機関を検査する
為に「金融検査マニュアル」を
つくりました
 
 
 
 
 
そして金融機関は金融検査に
対応するために
 
 
 
 
貸出金の健全性を自己評価する
自己査定のルールを
金融検査マニュアルに準拠して
構築してきました
 
 
 
 
 
しかし、かつて金融機関の
不良債権問題を解消して
金融機関に健全経営を
促す目的の同マニュアルも
 
 
 
 
 
役目を終えて廃止される
ことになったのです
 
 
 
そして過度に担保や保証に
依存しない融資対応を指導し
 
 
 
金融機関に財務諸表に現れない
強みを評価する事業性評価
基づく融資を要請しています
 
 
 
 
銀行は今後はより独自の経営を
行うことが出来ます
 
 
 
この本では、依然として
金融検査マニュアルを
誤って解釈した事例が
たくさん書いてあります
 
 
 
 
全てではないが依然
このような銀行員がいます
 
 
 
 
なのでこの本を読み
前もって、そんな人もいると
想定して準備しておくと良いです
 
 
 
 
しかし、事業で忙しい社長が
金融機関とのやりとりで
エネルギーを使い果たすより
 
 
 
 
専門家に相談しながら
調整を進めるほうが
スムーズにすすみ
 
 
 
 
 
社長は事業に専念出来ます
1人で悩むことなく
専門家と相談しながら
金融機関対策を行いましょう
 
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
 
 
中小企業診断士向けの
早期再生コンサルタント養成講座があります。
 
全6回、3名以内の少数密着型で学べます
 
 
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com