儲からない本当の理由が分かっていますか?

2018.09.18
稲葉琢也
 

資金繰りや銀行取引が
不安な方の味方
稲葉のブログ945
今日は午前中に遠方の
お客様の幹部会議を
インターネットを使った
 
 
web会議でおこないました
会議の為のアプリは
zoomを使いました
 

こうすれば、従来は
月1回、遠方のお客様を
訪問していたのが
 
 
中旬に1回余分にネットで
顔をみながら会議できます
 
 
費用もすごく安上がり
中山間地域の中小企業ですが
 
 
インターネットを使えば
距離の不利は挽回できます
 
 
 
その会議で全員で頭を
捻ったのは「収益改善策」でした
 


 
 
 
私のお客様は資金繰りに
不安のある企業が多く
収益改善が必要です
 
 
 
しかし、収益改善策が
立てづらい共通の問題点が
あります
 
 
 
それは商品の原価が
よくわからなく
なっていることです
 
 
 
 
商売を始めたばかりの頃は
商品も少なく、原価がしっかり
分かって、値決めしていました
 
 
 
 
 
しかし商売が拡大してくると
管理ができなくなってきます
 
 
 
 
 
もちろん仕入れ販売だと
比較的管理しやすいのですが
 
 
 
 
 
製造業の場合はアイテム数が
増えてくるとだんだん
商品別の原価が分からない
企業が多くなります
 
 
 
 
又、どんな相手に何を
いくらでいくつ売ったのか
データが出せない企業も
あります 
 
 
 
なので、利益が出ない場合に
原因を探すことが出来ません


 
 
 
 
そうすると闇雲に
「売り上げを上げろ!」
となる場合が多い
 
 
 
 
しかし、売り上げも又
データが整備されておらず
 
 
取引先べつにどこが
売り上げが伸び
どこが減少したのか
分からない
 
 
 
 
あるいは商品べつに
どの商品が売れて
どの商品が売れていないか?
 
 
 
 
取引先別にであったり
エリア別、担当者別に
調べることが出来ません
 
 
 
 
結局のところ
売り上げが伸びていた時も
どこで何が売れているか
 
 
 
 
 
分からなくても
売り上げが伸びていて
何とかなっていたが
 
 
 
 
売り上げが伸びなくなり
売り上げが減少し始めると
どうして良いか分からない
 
 
 
 
せめて主要なお客様が
どうして売り上げが
減少したかよく聞く
 
 
 
 
要するに変化の
原因を深掘り出来ることが
大事なのです
 
 
 
 
商売の原点に
立ち返り、真剣に
取り組んでみると
良いのですが
 
 
 
 
なぜか、今までのやり方を
繰り返します
 
 
原因を探そうとすると
出来ない理由を山のように
話す営業マンはいませんか?
 
 
 
 
どうすれば出来るか?
前向きな意見のでる
会議にしましょう
 
 
 
 
原因を深掘りするのは
責めているのではないと
誤解されないようにします
 
 
 
 
自社で上手くいかない時は
専門家にファシリテートして
もらうと良いですよ
 
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月9日より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座
第1期を始めました
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生コンサルタント養成講座もあります
 
全6回で少数密着型で学べます
 
 
 
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com