GWは新たな発見のチャンス、名古屋城を見たか?

2017.04.30
稲葉琢也

事業性評価融資のポイントが

お城にあった 

いなジィのブログ438
{8310FC46-7AB5-4504-9B1F-9583DA5B4BFF}
先日行った名古屋城です
戦争で消失して鉄筋コンクリートで
 
再建された名古屋城は、
 
この度、木造で立て替えられることに
なりました
 
そこで
 
 
工事が始まる前に
現在の姿を見に行きました
 
 
日本にはたくさん立派な
お城があります
 
 
しかし
 
 
名古屋城は鉄筋コンクリート造り
城好きな方にとっては魅力が
低いかもしれません
 
 
 
しかし
 
 
やはり名古屋城には強烈な
「売り」がありました
 
 
 
それはこれ
 
{2D8264B5-4E46-4095-ADFC-4A1474761822} 金の鯱です‼️

 
もっとも私がまたがっているのは
観光客向けのレプリカです
 
 
 
お土産物屋さんも
金の鯱グッズだらけです
 
 
 
「強み」が明確ですね
 
 
木造で建替るとさらに強みが増えます
 
 
 
「強み」は大事です
 
 
 
零細企業も「強み」が明確で
あることが重要です
 
 
 
先日お話ししました
 
 
 
銀行はこれから事業性評価融資を
積極的に取り組むと書きました
 
 
事業性評価融資とは
ダウンダウンダウン
 
要するに、事業の財務面(決算数字)
 
特に過去の数字ばかりにこだわらず
 
 
担保や保証に過度に依存しないで
 
 
事業性(事業の成長性と継続性)
 
しっかり評価して
融資をしようという考え方
 
この事業性評価の中で
事業の成長性・将来性を
見る上で最も重視するのが
 
事業の「強み」です
 
そんな強みがあれば困っとらんチューチューチュー
 
 
果たしてそうでしょか?
 
 
 
お客様の目線になって
時間→その商品サービスで時間が
節約できないか?
お金→そ他より得ではないか?
感情→満足感や充実感がうまれないか?
楽しさ→ウキウキ、ワクワクしないか?
実用性→どんなシーンで役立つか?
チャンス→その商品サービスで
新たなチャンスが拡がらないか?
新しさ→どこにも無い特徴がないか?
限定性→今だけ、限定〇〇個だけ
といった価値がないか?
こんな感じで深掘りして
コトバにして表しましょう
サムライコンサルの
柳生さんは次のようにいいます
{9E867D9E-20F3-4610-912B-FBB51F70713B}

コトバで価値を生み出し
コトバで価値を高め
コトバで価値を伝えるのです
 
 ゴールデンウイークのように
まとまった時間がある時に
事業を静かに考えるプレミアムな
時間をつくり
自社の「強み」を深掘りして
コトバで表現すれば
みな「強み」は必ず有ります
ユーザーにも銀行員にも
伝わるコトバを考えましょう
事業が伸びて、銀行取引が
上手くいくポイントですよ
困ったときには
こちら
ダウンダウンダウン
 
 
お金の不安を解消し
ビジョン実現をサポートする
社外の戦略ブレイン
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
キャッシュフローコーチ
 
いなジィこと稲葉琢也
{AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}
初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
 
初回相談は無料です
お気軽に
お問い合わせフォームか
下記の電話にご連絡ください
 
ダウンダウンダウン
会社の電話   082-548-2862
携帯           090-6402-4217
メール   takuyainaba.and.run@gmail.com