野村 修一


class="so-widget-sow-editor so-widget-sow-editor-base"

>


所属経営革新等支援機関
職種夢実現パートナー
FBhttps://www.facebook.com/shuichi.nomura.3
HPhttps://i-moon2020.com
エリア

岐阜をメインに東海3県で活動中


学校卒業後地元の信用金庫に入庫。
預金関係、渉外、融資業務など基礎的な銀行業務を経験。

学生時代に簿記を学んでいたので
税理士の仕事に興味を持ち税理士事務所に転職。

顧問先を40件担当し、
毎月監査のために訪問する。

その際に社長や奥さんから
税理士事務所の職員というだけで
お金のことや社員の問題などの悩みを打ち明けられる。

目の前で泣かれたこともあり、
社長の孤独感をひしひしと感じる。

しかし、当時はまだ若く、知識も経験もなかったので
社長の話をただ聞くだけで
何も答えることができなかった。

何の手助けもできない自分の
非力さを残念に思う。

9年間、税理士事務所に勤務したところで
担当していた建設会社より、
経理担当で来て欲しいとオファーを受ける。

いろんな会社の経理を学んでみたいと
思い転職を決意する。



 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 


 
 
 
 


入社してみると銀行や税理士事務所とは
全く違う世界が待っていた。

会社が利益を上げるために
どれだけ努力をしないといけないかを
目の当たりにする。

特に大変だったのは
業績が伸びる時の資金繰りだった。
工事請負金額の6割は完成後に入金となるので
仕入れや人件費の支払いが先に来る。

受注件数が増えれば増えるほど先払い費用も増え、
何億、何千万という金額になるため
資金調達に奔走する。

金融機関に勤務していた強みを活かして
銀行との関係構築を積極的に行う。



毎年決算が終わると、
決算書、来期の事業計画 事業予測
現在の受注状況一覧などを持って
メイン銀行とサブ銀行に報告に行く。

事業計画と翌年の決算を比べて 
計画より売上が低い場合は
その理由を説明することで
数字をきちんと把握している会社
という認識を取り付ける。

金融機関が納得できる資料を
作成提出することで信用が高まり
2年目、3年目から銀行の対応が変わって
融資が通りやすくなった。

最終的に無担保無保証人での
融資を実現する。

資金調達のほかにも
人事制度、社員教育に携わり
会社の成長をサポートする。


 
 
 
 



 
 
 
 


入社時は社員30名、
売上5億〜10億の規模の会社だったが、

18年後には
社員110名、売上30億となり
3倍以上の規模となった。

会社の成長に貢献できているという満足感はあったが、
勤めているとそこの会社の経理しかできない、
1社しか携われないというジレンマがあった。

ちょうどその頃、人材紹介会社から、
「事業再生をしている製造業の会社が
前任者が辞めてしまって困っているから
そこの責任者としてやってもらえませんか」
と声かけがあった。

成長している会社のサポートだけでなく
事業再生もこれから自分がやっていきたいことに
マッチしているので転職する。



2019年4月
稲葉氏の早期再生コンサルタント養成講座を
受講し

学んだ再生のノウハウを早速
製造業の会社の立て直しに活用する。

その会社は売上が12億あるにもかかわらず
6000万円の赤字になっていた。

そこで、5年分の決算書を分析して
業界平均と比べてどこに問題があるか
明らかにするところから着手する。

問題となる数字が見えてくると
それをどう改善していくか
社長や銀行の意見も取り入れながら
経営改善計画を策定した。

社内会議で会社の現状を説明し、
改善の方向性を伝えて
全社員で改善に取り組んだ。

即効性がある対策として
まず全ての経費の見直しをする。

利益を産まない固定費は削減、
外注費は相見積りを取って安いところに
発注するように指導した。

発注金額が大きいので見積り金額が
数%下がるだけでも
何千万円という費用を削減できた。

労働分配率を基準に
人事制度を見直し
人件費の改定にも取り組む。


 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 



 
 
 
 


その結果2年目に
6000万円の赤字が
2600万の黒字となり
実質8600万の利益改善を実現する。

もともと利益を出せる体質の会社だったが、
経営判断が間違っていたために
赤字になっていたと感じている。

2年で業績が回復し、
今後発展するための土台ができたので退職。

2021年7月
複数の会社の発展に関わりたいという
長年の想いを実現するために独立。

現在は孤独な社長のパートナーとして
適切な経営判断をサポートし、
社長の夢を実現できるように伴走している。


《野村からのメッセージ》
私の強みは会社にお金を残し、
さらに事業を大きくするサポートができる
ことです。

税理士事務所勤務時代に
経営に苦しんでいる社長の側にいながら、
何もお手伝いできない自分に
不甲斐なさを感じていました。

その時に“自分に力をつけて
社長のお役に立つ“と決心したのです。

私は地元の信用金庫、税理士事務所
建設業、障害者介護、製造業の5社に
30年勤務し色々な経験を通して、
スキルを磨いてきました。

今の私でしたら社長のお手伝いができると
自信を持って言えます。

社長は事業を通して
“こんな会社を実現したい”と
夢を持って起業されたと思います。

しかし、中小企業を取り巻く環境は厳しく、
日々の仕事と資金繰りに追われ
事業を存続するのが精一杯で
夢を実現するための行動ができていない方も
おられるのではないでしょうか。

また、事業再生の段階に入っていている方は
明日なんとかしたい、来月どうにかしたい
と資金繰りのことで頭がいっぱいで、
将来こうなりたいという夢すら持って
いない方もおられるかもしれません。

せっかく熱い想いを持って起業されたのに
お金に追われるだけの日々ではもったいないです。

私はぜひ社長が本来持たれていた夢を
実現して欲しいと願っています。

夢を実現するには手元資金を確保して
会社の経営を安定させることが重要です。

ですから
「ちょっと資金繰りが厳しいな」
と感じられたらすぐに相談して
頂きたいです。

会社の経営も体の病気と同じで
初期に異常を見つけて対処すれば速やかに
回復できます。

5億、10億売上があって
利益が出ないというのであれば
経費の洗い出しをするだけで
年間何百万単位のお金を生み出せます。

このような
問題に気づかず放置してしまうと経営が悪化して
回復するのに費用や時間、痛みを
伴うようになります。

どうにもならない状態になってしまったら
打ち手もなくなり、再生することは
困難になってしまいます。

ですから、
「ちょっとどうなんだろう」
と感じられたら、

もしくは、気になることがなかったとしても
年に1回は決算が終わった後、
専門家に数字の分析を依頼されること
をお勧めします。

問題点をきちっと洗い出して
問題が小さいうちに対策を立てることで
利益体質の会社にすることができるのです。

お金の心配がなくなれば
夢の実現に向かって
アクセルを踏み込むことができます。

私は、
やりたいこと、実現したいことがあるけど
やり方がわからない方
夢を諦めずに実現したいと思われている方の
パートナーとなり全力でサポートしていきます。

ぜひ、私と一緒に夢を実現していきましょう。


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 



class="so-widget-sow-editor so-widget-sow-editor-base"

>


所属経営革新等支援機関
職種夢実現パートナー
FBhttps://www.facebook.com/shuichi.nomura.3
HPhttps://i-moon2020.com
エリア

岐阜をメインに東海3県で活動中

 
 
学校卒業後地元の信用金庫に入庫。
預金関係、渉外、融資業務など基礎的な銀行業務を経験。

学生時代に簿記を学んでいたので
税理士の仕事に興味を持ち税理士事務所に転職。

顧問先を40件担当し、
毎月監査のために訪問する。

その際に社長や奥さんから
税理士事務所の職員というだけで
お金のことや社員の問題などの悩みを打ち明けられる。

目の前で泣かれたこともあり、
社長の孤独感をひしひしと感じる。

しかし、当時はまだ若く、知識も経験もなかったので
社長の話をただ聞くだけで
何も答えることができなかった。

何の手助けもできない自分の
非力さを残念に思う。

9年間、税理士事務所に勤務したところで
担当していた建設会社より、
経理担当で来て欲しいとオファーを受ける。

いろんな会社の経理を学んでみたいと
思い転職を決意する。

入社してみると銀行や税理士事務所とは
全く違う世界が待っていた。

会社が利益を上げるために
どれだけ努力をしないといけないかを
目の当たりにする。

特に大変だったのは
業績が伸びる時の資金繰りだった。
工事請負金額の6割は完成後に入金となるので
仕入れや人件費の支払いが先に来る。

受注件数が増えれば増えるほど先払い費用も増え、
何億、何千万という金額になるため
資金調達に奔走する。

金融機関に勤務していた強みを活かして
銀行との関係構築を積極的に行う。

毎年決算が終わると、
決算書、来期の事業計画 事業予測
現在の受注状況一覧などを持って
メイン銀行とサブ銀行に報告に行く。

事業計画と翌年の決算を比べて 
計画より売上が低い場合は
その理由を説明することで
数字をきちんと把握している会社
という認識を取り付ける。

金融機関が納得できる資料を
作成提出することで信用が高まり
2年目、3年目から銀行の対応が変わって
融資が通りやすくなった。

最終的に無担保無保証人での
融資を実現する。

資金調達のほかにも
人事制度、社員教育に携わり
会社の成長をサポートする。

入社時は社員30名、
売上5億〜10億の規模の会社だったが、

18年後には
社員110名、売上30億となり
3倍以上の規模となった。

会社の成長に貢献できているという満足感はあったが、
勤めているとそこの会社の経理しかできない、
1社しか携われないというジレンマがあった。

ちょうどその頃、人材紹介会社から、
「事業再生をしている製造業の会社が
前任者が辞めてしまって困っているから
そこの責任者としてやってもらえませんか」
と声かけがあった。

成長している会社のサポートだけでなく
事業再生もこれから自分がやっていきたいことに
マッチしているので転職する。

2019年4月
稲葉氏の早期再生コンサルタント養成講座を
受講し

学んだ再生のノウハウを早速
製造業の会社の立て直しに活用する。

その会社は売上が12億あるにもかかわらず
6000万円の赤字になっていた。

そこで、5年分の決算書を分析して
業界平均と比べてどこに問題があるか
明らかにするところから着手する。

問題となる数字が見えてくると
それをどう改善していくか
社長や銀行の意見も取り入れながら
経営改善計画を策定した。

社内会議で会社の現状を説明し、
改善の方向性を伝えて
全社員で改善に取り組んだ。

即効性がある対策として
まず全ての経費の見直しをする。

利益を産まない固定費は削減、
外注費は相見積りを取って安いところに
発注するように指導した。

発注金額が大きいので見積り金額が
数%下がるだけでも
何千万円という費用を削減できた。

労働分配率を基準に
人事制度を見直し
人件費の改定にも取り組む。

その結果2年目に
6000万円の赤字が
2600万の黒字となり
実質8600万の利益改善を実現する。

もともと利益を出せる体質の会社だったが、
経営判断が間違っていたために
赤字になっていたと感じている。

2年で業績が回復し、
今後発展するための土台ができたので退職。

2021年7月
複数の会社の発展に関わりたいという
長年の想いを実現するために独立。

現在は孤独な社長のパートナーとして
適切な経営判断をサポートし、
社長の夢を実現できるように伴走している。

《野村からのメッセージ》
私の強みは会社にお金を残し、
さらに事業を大きくするサポートができる
ことです。

税理士事務所勤務時代に
経営に苦しんでいる社長の側にいながら、
何もお手伝いできない自分に
不甲斐なさを感じていました。

その時に“自分に力をつけて
社長のお役に立つ“と決心したのです。

私は地元の信用金庫、税理士事務所
建設業、障害者介護、製造業の5社に
30年勤務し色々な経験を通して、
スキルを磨いてきました。

今の私でしたら社長のお手伝いができると
自信を持って言えます。

社長は事業を通して
“こんな会社を実現したい”と
夢を持って起業されたと思います。

しかし、中小企業を取り巻く環境は厳しく、
日々の仕事と資金繰りに追われ
事業を存続するのが精一杯で
夢を実現するための行動ができていない方も
おられるのではないでしょうか。

また、事業再生の段階に入っていている方は
明日なんとかしたい、来月どうにかしたい
と資金繰りのことで頭がいっぱいで、
将来こうなりたいという夢すら持って
いない方もおられるかもしれません。

せっかく熱い想いを持って起業されたのに
お金に追われるだけの日々ではもったいないです。

私はぜひ社長が本来持たれていた夢を
実現して欲しいと願っています。

夢を実現するには手元資金を確保して
会社の経営を安定させることが重要です。

ですから
「ちょっと資金繰りが厳しいな」
と感じられたらすぐに相談して
頂きたいです。

会社の経営も体の病気と同じで
初期に異常を見つけて対処すれば速やかに
回復できます。

5億、10億売上があって
利益が出ないというのであれば
経費の洗い出しをするだけで
年間何百万単位のお金を生み出せます。

このような
問題に気づかず放置してしまうと経営が悪化して
回復するのに費用や時間、痛みを
伴うようになります。

どうにもならない状態になってしまったら
打ち手もなくなり、再生することは
困難になってしまいます。

ですから、
「ちょっとどうなんだろう」
と感じられたら、

もしくは、気になることがなかったとしても
年に1回は決算が終わった後、
専門家に数字の分析を依頼されること
をお勧めします。

問題点をきちっと洗い出して
問題が小さいうちに対策を立てることで
利益体質の会社にすることができるのです。

お金の心配がなくなれば
夢の実現に向かって
アクセルを踏み込むことができます。

私は、
やりたいこと、実現したいことがあるけど
やり方がわからない方
夢を諦めずに実現したいと思われている方の
パートナーとなり全力でサポートしていきます。

ぜひ、私と一緒に夢を実現していきましょう。